銀座駅より徒歩30秒の歯科医院。土曜・日曜・祝日も診療を 実施。

歯科材料の種類と特徴

歯科で使用される主な材料と特徴

金合金

  • 金を主体とした合金。歯科用金合金は金、銀、銅の3成分を基本にして、これに白金やパラジウムを加えたものです。純金(K24)は軟らかすぎるため、歯科材料としてはあまり使用しません。主にK20、K18などの合金が使用されます。適合が良く、歯科材料としては優れています。

白金加金合金

  • 金合金の硬さを増すために、白金の含有量を増やした合金です。組成によって、黄金色から白色系のものがあり、金の割合によって、ハイプレシャス(高カラット)、プレシャス(中カラット)、セミプレシャス(低カラット)タイプのものがあります。用途にあわせて超硬質系、クラウンブリッジ専門、コーヌス専用のものなどがあります。

金銀パラジウム合金

  • いわゆる銀歯のことです。銀を主成分(50~60%)とし、金を12%以上、パラジウム を20%程度含んでいます。金12パーセント含有のものが一般的です。健康保険が適用されます。(適応条件を満たす場合のみ。)

銀合金

  • 銀を主成分とした合金で、経済性に優れています。主に乳歯のつめものや冠の治療の内側に使用されます。長持ちしにくく、黒ずんでくる傾向があるため、永久歯の治療には不向きです。白金族を10パーセント未満含むタイプのものと、全く含まないタイプのものがあります。健康保険適用。(適応条件を満たす場合のみ。)

銀パラジウム合金

  • 銀に20パーセント以上のパラジウムを加えた合金です。銀合金よりもパラジウムの含有が高いため、耐久性が向上しています。

陶材焼付用金合金

  • 陶材、セラミックを焼き付ける金属の土台。メタルボンド内部用の合金です。金属の配分によって、黄金色から銀白色のものがあります。貴金属の多いものから、ハイプレシャス、プレシャス、セミプレシャス タイプの合金があります。また、パラジウム系の合金も使用され、銀を含むものや、含まないものがあります。

チタン合金

  • チタン、アルミニウム、パナジウム等を含む合金で、生体材料に多く使用されています。医学の分野では代用骨、人工関節など直接体の中に埋め込まれています。
  • チタンは耐食性のある銀色の金属で、生体親和性に優れ、金属アレルギーの原因にならない金属でもあります。耐食性、耐熱性にすぐれているため、生体材料として注目されていますが、加工が難しいと言った難点があります。

アマルガム

  • アマルガムとは、水銀と他の金属との化合物です。アマルガムは、水銀に銀などの粉末を混入させて、その場で、歯の修復する部分に詰めて固めます。手間がかからず、コストが低いことから、20年ほど前までは、広く一般的に使用されていました。しかし現在では、水銀の人体への影響が懸念され、使用しない歯科医院が多くなっています。健康保険適応。

レジン

  • 歯科治療用の合成樹脂。安価で白く修復ができるという利点がありますが、強度が低く、耐久性も乏しいため、再治療の必要性と頻度が高い材料でもあります。
  • 吸水性があるため、時間の経過とともに、劣化して脆くなり、黄ばんできます。健康保険適応。(適応条件を満たす場合のみ。)

硬質レジン

  • 前歯のかぶせ物に使用される材料で、レジンとセラミックの混合材料です。奥歯の使用に耐えるほどの強度はありません。長期に使用すると磨耗や変色が出ることがあります。健康保険適応。(適応条件を満たす場合のみ。)

セラミック

  • 高温で加熱し、焼成や融解して製造される非金属無機材料の総称。前歯や奥歯のかぶせものなどに使用されます。見た目にも美しく磨耗や変色の心配がないので長期にわたって使えます。その物性は自然歯に近く、生体親和性の高い、体に優しい材料です。陶材、ポーセレンと呼ばれることもあります。歯科では、アルミナ系のセラミックや、ジルコニア系のセラミックなど、歯科医療用のファイン・セラミックが使用されています。

ハイブリッド・セラミック

  • セラミックの弱点である靭性の低さを解消するために、開発された歯科材料です。硬質レジンの長所である靭性と、歯科接着剤との相性を補うために、数パーセントのレジン粒子を配合することにより、セラミックに近い美しさと、それを超える歯質との接着性を実現しています。
  • 強度に加えて、咬合に対する適度な粘りやしなやかさをもっているため、臼歯(奥歯)の修復に適した歯科材料です。

ジルコニア・セラミック

  • 従来のセラミックの弱点である靭性の低さを解消できるセラミック。強度も、今までのセラミックの3倍程度の強度がある上に、曲げ強度が高く、靭性に優れています。硬さとしなやかさを備えた、新世代のファイン・セラミックです。
  • ジルコニア・セラミックの特徴のひとつに、強い力が加わると、結晶構造が変化する点が上げられます。その働きによって、従来のセラミックでは実現できなかった、高い靭性と曲げ強度を実現しています。

歯科治療では、悪くなった歯の部分を除去し、そこに金属や樹脂、陶材等の人工の材料を詰めたりかぶせたりして、修復を行います。
その際には、歯と同じような硬さや強度、口の中で溶け出したり、変質しないなどの性質が求められます。修復が必要な歯の状態や、噛み合わせ等を考慮して、適した材料で治療することが理想です。
銀座池渕歯科では、お口の状態から適した治療法をご提案、ご本人のご希望も考慮に入れて、ご納得頂いた後に、治療を開始いたします。
また、ご希望に応じて、 現在口の中に入っている治療物の種類や状態(イオン化の傾向)の検査も行っております。
ご相談、お問い合わせは医院の受付まで、お気軽にお電話下さい。
【電話番号】03-5537-0335 または 03-5537-0336 まで。




最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional