銀座駅より徒歩30秒の歯科医院。土曜・日曜・祝日も診療を 実施。

エンジェルクラウン

治療

#menu(): No such page: メニュー3

生体親和性が高く、金属を使わない

体にやさしく美しい白いセラミック


治療

セラミックの治療とは?

治療2

虫歯などで、一部が損なわれてしまった時には、その部分を補うために、かわりの材料を詰めたりかぶせたりします。
昔はその際に、金属が用いられることが、ほとんどでした。 いわゆる銀歯や、金歯などです。

しかし最近、銀歯では印象が好ましくないという理由から、「白い」材料で治療したいというニーズが高まり、セラミックを選択する方が増えています。 

また、古い差し歯などで金属を使用していた場合、治療物とハグキの間が、黒っぽく変色してくる場合があります。これは、金属がイオン化して溶け出したり、隙間が開いて金属が見えてきてしまったため、起こるものです。

オール・セラミックの治療の場合は、治療物とハグキの間に、このような黒ずんだラインができることはありません。

セラミックが選ばれる理由は、見た目のためだけではありません

銀歯などの金属色がいやという理由から、セラミックを選択する方の他に、金属が人体に与える影響を考慮して、金属を避けて、セラミックを選択する方もいます。

一般的に「銀歯」といわれるものは、様々な金属からなる歯科用の合金です。

アマルガム

金属の種類にもよりますが、使用される金属が原因で、アレルギー症状が引き起こされる場合があります。

また、昔の銀色の詰め物は、水銀が混ぜられたアマルガムという物質の可能性があります。

金属アレルギーや水銀による人体への影響を考慮して、セラミックでを治療する方も、増加しています。

セラミックのは、歯科材料として優れた性質をもっています

画像

セラミックは硬度が高く丈夫で、長く使用しても変色することがありません。

生体親和性が高く、金属アレルギーの原因を除去した歯科治療を行うことができます。

白くきれいで健康的に回復したいとお考えの場合には、セラミックでの治療をおすすめ致します。


  • 陶器で作られた歯と金属
    • 画像

      歯の治療には、長らく金属が一般的に使用されてきました。

      しかし近年、金属の見た目と、人体へのアレルギー等への懸念から、金属を使わずに治療したいという傾向が強まっています。

      その流れの中、全く金属を用いないメタルフリーの治療や、セラミックだけを使用する、オールセラミック 治療をご希望の方が、増加しています。

      それぞれの治療物のメリット、デメリット、治療法の特徴を把握し、自分にあった歯科治療を行なうことが、理想的です。

  • 陶器のみで作られた歯
    • 全てセラミックで行なう治療です。従来のセラミックでは、強度を補うために、金属の裏打ちを必要とする場合がありましたが、新しい高機能なものの開発により、十分な強度と靭性、耐久性のあるオールセラミック治療が可能になりました。

  • メタルフリー治療
    • 金属を一切使わない治療のことです。

      金属を使用する治療では、歯ぐきの変色、金属アレルギーなど、様々な影響が出る可能性があります。また、見た目の問題から、金属を避けたいとお考えの方の数も、増加しています。

      しかし、金属が歯科治療に使用されていたのは、金属のもつ強度、操作性、曲げ強度など、金属のもつ良い面が、評価されているからです。

      メタルフリーの治療の場合、金属よりも脆い、弱い、劣化しやすい材料を使用することは、金属のもつデメリットは解消できても、歯の健康への面に配慮した場合は、良い選択とはいえません。金属の良い部分、良くない部分、金属の変わりに使用する材料の特徴を考慮に入れて、自分の歯にあった治療法を選択して下さい。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional